1. HOME
  2. 美容
  3. 「飲む美容液」と呼ばれるボーンブロス
美容

「飲む美容液」と呼ばれるボーンブロス

美容

美味しくて健康に良い、そして美容効果もあるとして今人気のボーンブロス。ではボーンブロスがなぜ飲む美容液とまで言われるのか、活用術なども紹介します。

腸を健康に保つことで肌は蘇る

腸と肌には深い繋がりがあります。
腸は身体全体の7割の免疫構成が集まる免疫機構の要です。腸の役割は栄養の消化吸収と毒素の排出です。
腸の働きが弱まると栄養が吸収されず、毒素が溜まり免疫力が低下します。毒素が血流に乗ると肌から排出しようとする為、肌荒れがおこります。
もっとひどくなると毒素が腸に炎症をお越し、腸もれ「リーキーガット」いう事態になります。免疫機構が過剰に反応するアレルギーや、アトピー性皮膚炎などの疾患を引き起こします。
腸の役割である栄養の消化吸収は腸にとってはそこそこの重労働なんです。

腸の機能は加齢とともに低下する

美しい肌に欠かせないのがコラーゲンです。人間の体を構築するタンパク質の30%はコラーゲンであり、皮膚はコラーゲンをふんだんに含む組織です。
食材に含まれるタンパク質は、消化活動によってアミノ酸に分解され、それぞれ必要なパーツのところに運ばれ、組み合わせて合成され吸収されます。加齢とともに腸の働きが減ると豊富なコラーゲンを送り出せなくなります。

ボーンブロスは「グルタミン」の宝庫

そんな疲れた腸を癒やしてくれるのがボーンブロスなんです。
ボーンブロスに含まれる「グルタミン」というアミノ酸は腸粘膜を修復する機能があります。
また、ボーンブロスにはタンパク質がアミノ酸レベルまで溶け出してますので、腸に負担を与える事なく、ラクに栄養を吸収できるのです。

コラーゲンは内側から

皮膚は表皮、真皮、皮下組織からできています。
このうち最も厚い真皮はほぼ全てコラーゲンでできており、弾力のあるプルプルのお肌の基となります。
コラーゲン入りの化粧水などは多くありますが真皮の深さまで、浸透させるのは困難です。
普段の食事からコラーゲンをたくさん摂ル事で、体内から身体を潤し真皮を元気にする事ができます。

ボーンブロスで成長ホルモンの分泌を促進させる

またボーンブロスに含まれる「アルギニン」には成長ホルモンを分泌するのに効果的なアミノ酸ですので、お肌の修復にも効果的です。
さらにボーンブロスでビタミン豊富な野菜や、食物繊維を含む食材を一緒に煮込む事で好みに合わせた美容鍋が簡単に作る事ができます。