1. HOME
  2. 筋肉
  3. ボーンブロスで肥満解消
筋肉

ボーンブロスで肥満解消

筋肉, 美容

なぜ食べ過ぎてしまうのか?

人は食事をとると血糖値が上がり、それを抑えれる為にインスリンが分泌されます。すると満腹中枢が刺激され食欲が満たされます。
太っている人はインスリンの分泌状態が常にたかく、満腹中枢がなかなか刺激されずに食べ過ぎてしまいます。
インスリンは血糖値を下げるだけではなく、エネルギーを蓄える働きがあります。間食など頻繁に食事をとる人はインスリンの分泌が常に高い状態にあるので肥満の原因になります。

「グルカゴン」を働かせる

食事を取らないでいる時、血中のインスリン値はしだいに低下し、貯蔵したエネルギーを使えるようになります。この時はグルカゴンというホルモンが働きます。
肥満を解消するには食べてる時と食べてない時のバランスをとり、インスリンとグルカゴンのホルモンバランスを整える事です!

週2回のプチファスティング(断食)

週に1〜2回、食事の間隔を十分に長く空ける事により、インスリンのレベルを下げていきます。間欠的ファスティングです。
間欠的ファスティングの時にはボーンブロスを同時にとるのが非常に効果的です。ボーンブロスはインスリン分泌刺激が少なく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養が豊富で、より楽に安全に間ファスを行う事ができます。

ボーンブロスで腸に負担をかけずに栄養補給

また間ファスの2番目に大事なポイントは取る食事の内容です。ボーンブロス鍋で良質なタンパク質、野菜などをしっかり取る事で腸に負担なく十分な栄養素を取る事ができます。
間ファスによって空腹時のインスリンレベルが低下すると、グルカゴンが分泌されやすくなり、脂肪を燃焼しやすくなります。古い細胞が燃焼され成長ホルモンの分泌も刺激されアンチエイジング効果が期待できます。
糖質制限やカロリー制限を取り入れれば、さらに効果が見込めますが、とてもつらいです。それよりも食べ過ぎないで満足できるホルモンバランスのとれた体を目指しましょう。