1. HOME
  2. 筋肉
  3. タンパク質は1日どれくらい摂ればいい?ボーンブロスでタンパク質を補給しよう
筋肉

タンパク質は1日どれくらい摂ればいい?ボーンブロスでタンパク質を補給しよう

筋肉

タンパク質の必要量は一人ひとり違う

人は1日にどれくらいタンパク質を摂取したら良いのでしょうか?
厚生労働省が策定する食事摂取基準によると(2015年版)1日のタンパク質の推奨量は18歳異常の男性で60g、女性で50gとなってます。
しかしこれはあくまで平均で、人それぞれ身体の大きさも活動レベルが違いますから、搾取量も異なります。
平均して体重×タンパク質1gとよく言われていますが、これも難しく例えば成長期の子どもの体重が40kgである場合、タンパク質の必要量は40gとなりますが、成長期の子どもの場合それでは足りません。

タンパク質に必要量は活動レベルによって変わる

摂取するタンパク質の必要量が活動レベルによってどのように変わるかを把握しておきましょう。
ごく一般的な活動レベルであれば体重×1gのタンパク質を摂取できていれば充分です。
しかし
運動や筋トレをしている人の場合は、体重×1.6g〜1.7gのタンパク質が必要となります。
また
高齢者は一般的な活動レベルの人よりも基礎代謝が低いため、より多くタンパク質を摂取することが望ましいです。体重×1.1g程度のタンパク質を摂取するよう心がけましょう。

お肉と野菜をバランスよく

人間はタンパク質ばかりをたくさん摂取すれば良いのかと言うと、もちろん違います。
健康を維持しながら筋肉を効果的に育てるには、筋肉の合成をサポートする他の栄養素も併せて摂ることが重要です。
・ビタミンC
タンパク質と合成をサポートします。ボディビルダーの食事でよく目にする、ブロッコリーな緑色野菜の多く含まれます。
・ビタミンB群

ビタミンB群はタンパク質、糖質、脂質をサポートします。
代表的なのがニンニクです。スタミナ料理には欠かせない食材ですね。
・ビタミンD

ビタミンDはタンパク質とともに筋肉の合成に関わっています。
代表的な食材はキノコ類です。マリオがキノコを食べて大きくなるのはここからきているのかもしれませんね。
カルシウムは骨の成分として知られますが、タンパク質は骨の原料でもあるので合わせて摂る事が必要です。
・亜鉛(鉄分)
筋肉の維持、成長を助けるホルモンに必要な栄養素、とりわけ日本人の食生活からは不足しがち、レバーや生牡蠣を意識的に撮りましょう。卵の黄身にも含まれてます。
・糖質
お米は筋力アップの為適度に摂りましょう。

ボーンブロスでバランスの良い食事を

このようにバランスよく食事を摂る事をおすすめしますが、一つ一つ調理するのは大変です。 そこでおすすめしたいのがボーンブロスです。
ボーンブロスにはコラーゲンを構築するタンパク質が豊富に含まれており、
そこに上記の食材を足す事で簡単に一つの料理なかでバランスよとれた栄養補給ができるのです。ボーンブロスにはうまみ成分である天然のグルタミン酸が豊富に含まれてますので、そこに素材のうまが足されますから、わずかな味付けでも十分美味しい料理ができあがります。ボーンブロスでバランスのとれた食事をお楽しみください。