1. HOME
  2. レシピ
  3. 【レシピ】高タンパクな鱈を使った超ヘルシーボーンブロス「豆乳鍋」
レシピ

【レシピ】高タンパクな鱈を使った超ヘルシーボーンブロス「豆乳鍋」

レシピ

豆乳は高たんぱく質で植物性脂肪のためカロリーが低く、腸内環境を整えるオリゴ糖、ビタミンB群やEが含まれており、コラーゲンたっぷりで腸内環境を整える、アミノ酸が豊富なボーンブロスとの相性は抜群で、美容効果抜群のハイブリッド鍋がボーンブロス豆乳鍋なんです。
そんなヘルシー鍋に使うメイン食材はヘルシー食材の代表格、鱈です。
鱈は高タンパクで低カロリーなので、ビタミンDが多く含まれているため、カルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にします。 

豚肉含まれるビタミンB1はにんにくやネギ、ニラに含まれるアリシンと組み合わせる事で疲労回復効果があります。また、キムチに含まれる乳酸菌には腸内環境を改善し、お腹の調子を整えるだけでなく、免疫力の向上にも効果的です。そこに天然の旨み成分とコラーゲンたっぷりのボーンブロスを合わせることで、鍋スープの素や調味料を加えなくても、栄養満点で美味しいキムチ鍋が簡単に作ることができます。

材料(3人前)

鱈 300g(タンパク質52.8g・231kcal)
玉ねぎ 1玉(タンパク質2g・74kcal)
舞茸 100g(タンパク質2g・15kcal)
ミニトマト 9個(タンパク質1g
27kcal)
ズッキーニ(タンパク質1.4g・14kcal)
ニンニク 2個(タンパク質1.2g・28kcal)
コーン(タンパク質3.6g・82kcal)
ほうれん草(タンパク質4.4g・40kcal)
ボーンブロス 750g(タンパク質24.75g・495kcal)
豆乳 300cc(タンパク10.8g・137.7kcal)

タンパク質・カロリー計
タンパク質103.95g・1143.7kcal(タンパク質34.65g・381.2kcal/1人前)

調理方法

(1) 鱈は沸騰した熱湯でさっと下茹でし、氷水に入れ身を締めておきます。

(2) ボーンブロスと豆乳を3:2の割合で鍋に入れ、火にかけます。

(3) にんにく、塩、黒こしょうで味を整え、下茹でした鱈、玉ねぎ、舞茸、ズッキーニ、ミニトマト、コーン、ほうれん草を入れ、フタをして煮込んでいきます。

(4) 具材に火が通ったらできあがり!ボーンブロスと鱈の旨みが合わさった栄養満点豆乳鍋の完成です!