1. HOME
  2. 回復
  3. ボーンブロスをファスティングに活用しよう
回復

ボーンブロスをファスティングに活用しよう

回復

腸活にもダイエットにも有効な”間ファス”とは?

“間ファス”とは「間欠的ファスティング」の略です。
間欠的ファスティングとは、食事の間隔を16時間以上空けることを言います。
間ファスがなぜ腸活やダイエットに有効的か、「インスリン」とともにご説明します。

食べ過ぎてしまう原因は満腹中枢の麻痺

人は食事を摂ると血糖値が上がり、それを抑制するため膵臓より「インスリン」が分泌されます。
その働きで満腹中枢が刺激され、食欲が満たされます。
太っている人はインスリンの分泌量が常に高い状態にあり、満腹中枢がなかなか刺激されないため、食べ過ぎてしまうのです。
インスリンは、血糖値を下げる唯一のホルモンである一方で、脂肪を蓄積させる働きもあります。
間食など食事を頻繁に摂る人は、インスリンの分泌状態が常に高く、肥満の原因になるのです。

食事の間隔を空けて満腹中枢を正常に戻す

食事の間隔が空いている間、インスリン値は次第に低下していき、脂肪をエネルギーに変えて消費することができるようになります。
間食を摂るとインスリン値が常に高くなり、エネルギー(脂肪)を消費できないだけでなく、
食欲が満たされないため常に何か食べたくなる悪循環に陥ってしまいます。
そこで有効的なのが間欠的ファスティング、通称「間ファス」です。週に1〜2回、食事の間隔を長く空けることでインスリン値を下げることができます。

ボーンブロスで腸に負担をかけ図に栄養補給を

間ファスを行うときは、食事の代わりに「ボーンブロス」を飲むことが非常に効果的です。
インスリン分泌を抑えたまま豊富な栄養を補給でき、また旨味たっぷりで腹持ちもよいため美味しく楽に間ファスを行うことができます。
間ファスによってインスリン値が低下すると、脂肪を燃焼するホルモンが分泌されやすくなり、代謝機能が上がります。
古い細胞が燃焼され、成長ホルモンの分泌も刺激されアンチエイジング効果も期待できるのです。