1. HOME
  2. 回復
  3. 二日酔いからの回復に「ボーンブロス」スープ
回復

二日酔いからの回復に「ボーンブロス」スープ

回復

人生は二日酔いとの戦いなのか

普段食生活に気をつけて生活してる中、たまに気の許せる家族や仲間と食事をした時のお酒は格別ですよね、
そんな時、たまにかいいかと自分に甘くなり飲み過ぎてしまい事があります、何度後悔してもこればっかりは繰り返してしまいます。気がついたら午前様、早く寝ないとと思いながらもグダグダやってしまいます。そんな翌日に待っているのは二日酔いです。楽しかった代償を払うべく二日酔いとの戦いの始まりです。人生は二日酔いとの戦いなのかと思うほど、何回後悔したら大人になれるのかと自問自答しながら二日酔いとの戦いのゴングが鳴ります。

水に勝るものはなし

二日酔いは肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれないことで起こります。
このアセトアルデヒドとは厄介で、いわば毒です。毒を飲んだ状態ですから気持ち悪いですし、死にそうになるのは当たり前なんです。向かい酒という言葉を聞きますが、良くなるわけはありません。それは酔って麻痺しているだけですので、後でそのまま返ってきます。

二日酔いのときラーメンが美味しいのはなぜ?

肝臓がお酒を分解する時に血糖が消費され、急激に血糖値が下がってしまいます。
その時に脳がお腹が空いたと勘違いするので、お酒を飲んだ次の日に味の濃いラーメンを食べたくなるのです。
しかし、若い方であればまだしも、そんな誘惑に負けてしまってはいけません。二日酔いに一番効くのは「水」です。身体は脱水症状を起こしていますので、とにかくたくさん水を飲みましょう。

水を飲んで排出する

暴飲暴食の翌日はとにかく肝臓も胃腸も大忙しです。そんな時に余計な栄養を送ってはオーバーワークもいいところです。
水分だけ送って、アセトアルデヒドが汗となり尿となり体外に抜けるのを待ちましょう。もし眠れるなら寝るべきです。朝起きて大体5、6時間すれば楽になってきます。

ボーンブロスで身体を労わりましょう

昼過ぎに少し楽になったからと言っていきなりランチでしっかり食べたりしないでください。まずは疲れた胃腸,肝臓に栄養補給をしましょう。ボーンブロスに含まれる「アラニン」「グルタミン」は肝臓、胃腸を修復する効果がありますので、温かく美味しいボーンブロスが身体に染み渡る事でしょう。

二日酔いになった日の夜は疲れやすい

二日酔いの日の夜にどっと疲れるのは、楽になったからといって食事をオーバーに摂取してしまい、内臓がオーバーワークになってしまうことが原因です。二日酔いになったときは、できる限りスープなどで優しく栄養を補給することをおすすめします。
日中このように過ごせば、夜には調子を取り戻せていることでしょう。二日酔いにはならないことが一番ですが、なってしまったときは内臓に負担をかけ過ぎないよう、スープなどで優しく栄養を補給することを心がけてみてください。